金融庁からLINEグループの子会社LVCが仮想通貨交換業のライセンス取得

2019年9月6日、金融庁が大手SNSサービス会社LINEグループの子会社LVCに仮想通貨交換業のライセンスを付与すると発表されました。

金融庁から開示された情報によると、取り扱う仮想通貨は、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)の5通貨だそうです。

LINEは、2018年7月から、シンガポールを拠点とした仮想通貨取引所BITBOXの運営を開始していますが、当時は仮想通貨交換業のライセンスがなかったことから、日本はサービス対象外となっていました。

今回、仮想通貨交換業のライセンスが付与されたので、LVCは「BITMAX」という名称の仮想通貨取引所を日本でに開設予定とのことです。

BITBOXでは、LINEの独自通貨であるLinkをBITBOX内でのみ取り扱っていますが、BITMAXでも取り扱われることになるかもしれません。

日本に8000万人以上のユーザーを抱えて言われているというLINEが、日本の仮想通貨市場に参入されることにより、LINEアプリ内でLinkが使用出来るような、従来の取引所にはなかったサービスを市場に提供されていくかもしれません。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

2019年3月1日からみなし仮想通貨業者「旧みんなのビットコイン」が「楽天ウォレット…

2019年3月1日より、みなし仮想通貨業者「旧みんなのビットコイン」が「楽天ウォレット」へと社名を変更し、楽…

米有名ラッパーの50セントが4年間ビットコイン保有で約8億円

米国のラッパーである50セントが約8億円分のビットコインを保有していることがわかりました。

地域創生ICOを支援する「日本地方創生ICO支援機構(JARICOS)」が設立

日本地方創生ICO支援機構は、「SDGsに基づいた、地方創生や2030年のSDGsの達成、トークンエコノミー…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア