CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)がビットコイン先物取引の上限の倍増を計画予定

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)が、1ヶ月あたりのビットコイン先物の契約数の上限を倍増する計画予定です。これは、CFTC(アメリカ商品先物取引委員会)にCMEが提出した書類から明らかになって、一部専門家によれば、ビットコインをはじめとした仮想通貨市場が成長しているかもしれないとのことです。

1ヶ月の1人の投資家に対し1000だった従来の契約が、今回明らかになった計画では2000に倍増し、1契約あたり5BTCと定義されているので、最大1万BTCのビットコイン先物が1ヶ月で投資できることになります。

CMEにおけるビットコイン先物取引は、2019年4月から6月までにおける強気相場の中、ビットコインの取引高が過去最高を更新し続けていました。

CFTCがビットコイン先物取引の契約数に上限を設定する理由は、「投資家を過剰な投機から守る」こととされており、今回、CMEがCFTCから契約数の上限を引き上げを許可してもらえることは、ビットコインをはじめとした仮想通貨市場が成長してきているのかもしれません。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

2019年3月1日からみなし仮想通貨業者「旧みんなのビットコイン」が「楽天ウォレット…

2019年3月1日より、みなし仮想通貨業者「旧みんなのビットコイン」が「楽天ウォレット」へと社名を変更し、楽…

「仮想通貨交換事業に関する研究会」(第1回)が開催

国内の主要な取引所からの報告やレバレッジ取引、ICOについても議論がされました。

銀行ATMの必要性落ちていく〜みずほファイナンシャルグループの坂井社長〜

みずほファイナンシャルグループの坂井社長が「銀行のATMの必要性は落ちていく」と言及しました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア