ビットワイズのビットコインETFをSECが否決

ビットコインETFが認可されることとなったら、仮想通貨市場に多くの投資家マネーが流入することになると言われています。

仮想通貨のインデックスファンドのBitwise Asset Management(ビットワイズ・アッセット・マネージメントことビットワイズ)が申請していたビットコインETFがSEC(米国証券取引委員会)に否決されました。

ビットワイズは、2019年1月28日にビットコインETFを申請しており、ビットワイズの担当者は、仮想通貨市場が2017年時よりも規制面で強化されてきた現状を踏まえて、「ビットコインETFは承認されることになるだろう」と自信を見せていました。

しかし、今回否決されたことにより市場関係者の間では多くの落胆の声が聞こえてきましたが、一部の関係者の間では「ETF否決は織り込み済み」との見方もされています(ビットワイズのビットコインETFをSECが最終判断をする期限は2019年10月13日)。

今回、SECがビットワイズのビットコインETFを否決した理由は、仮想通貨市場における価格操作や詐欺が横行していることについて、懸念が払拭できなかったことを要因に挙げています。

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

SNSにトークンエコノミーを実装したALISがオープンβ版を公開

2019年1月10日、SNSにトークンエコノミーを実装したALISがオープンβ版を公開しました。これまでは、…

大手仮想通貨取引所Houbiが2019年前半にステーブルコインを発行とCFOが発言

シンガポールの大手仮想通貨取引所のHuobi(フォビ)が、2019年中にステーブルコインを発行する計画を行な…

銀行ATMの必要性落ちていく〜みずほファイナンシャルグループの坂井社長〜

みずほファイナンシャルグループの坂井社長が「銀行のATMの必要性は落ちていく」と言及しました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア