配当型のクアントウォレットの期待と失望

去年から今年にかけて配当型のウォレットが話題ですが、中には既に破綻していたり、俗にいうハイプというものと変わらないものもあります。

そんな中、クアントウオレットのミートアップに参加してきました。

品川の某所で行われた会合はなかなかの盛況で、老若男女問わずの会合でした。

まずクアントグループとして、大手カナンと業務提携をしたマイニング事業、WEB漫画を軸としDMCトークンの発行も手掛ける事業、そしてウォレットのプラットフォーム事業として取引所と連動したハイローゲーム、競馬に見立てたゲーム、加えてスロットまであります。

アービトラージ事業としては5社と契約との事。

実業としてマイニング、WEB漫画、アービトラージ、コンテンツとしてゲームなどを提供する中身のあるウォレットとして長時間にわたって説明を受けました。

しかし残念ながら私の期待する話は最後の最後・・しかも質問の時間です。

質問者が現在発生している出金の遅延と出金額制限について触れると
登壇者は、「お金がなくて返せないから投資してくれないか」と冗談交じりに話しました。

それ以上は聞く価値もないと思いましたが、「実業があってこんなにすごい
!他のハイプウォレットとは全く違う!」と数時間説明したミートアップの最後が、やってることがその他のハイプウォレットと同じとは何ともお粗末です。

投資者として自己を反省しつつも、やはり賛同する気にはなれません。

あまたあるウォレットと何が違うんでしょうか?

それとも実業は出来るけど、キャッシュフローには疎いとでもいうのでしょうか。

出金が出来なければ銀行は倒産です、今のところ制限をかけていますが今後どうなるかはわかりません。

その日までに打開策とルールを策定という話を聞いて、ミートアップにも若干の期待があったのですが、最後まで触れない・・しかも真摯に謝らない・・これで何を信じろというのでしょうか。

あまたあるウォレットやはり選択は難しいようです。

関連事項

ビットチャンスの人気取引所ランキング

ビットチャンスのニュース記事を読んで、仮想通貨取引所に登録された方々の申込数を元に人気ランキングを作成しました。やっぱりCM効果は抜群のようですね。そんな中で老舗のビットバンクが伸ばしています。

1位:ビットバンク
取引板方式なので透明性の高いお取引が可能。スマホにも対応した洗練された取引インターフェースと、60種のテクニカル分析が魅力
ビットバンクで口座を作る
2位:GMOコイン
安心度で言えばNo1!GMOインターネットグループ(東証一部上場)のGMOコイン。
GMOコインで口座を作る
3位:ビットポイント
上場企業運営のビットコイン取引所。購入や保管など、ここで完結!セキュリティが高いのも魅力!
ビットポイントで口座を作る
4位:DMM Bitcoin
手数料最安値水準、取引できる仮想通貨は豊富な7種類。XEMやXRPの取引するなら必須。
DMM Bitcoinで口座を作る

関連するまとめ

SNSアプリのトークン

ビットチャンスにコラムを寄稿して頂いているnealさんのコラムです。今回寄稿頂いたコラムのタイトルは、「SN…

ビットコインのマイニングが中国に集中している現状

ビットチャンスにコラムを寄稿して頂いているsatoruさんのコラムです。今回寄稿頂いたコラムのタイトルは、「…

セルフゴックスのお話

ビットチャンスにコラムを寄稿して頂いているnealさんのコラムです。今回寄稿頂いたコラムのタイトルは、「セル…

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

提携メディア